自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

プールと息子

毎日、暑いですね。

 

夏といえばプールです。

 

息子とプールは切っても切れないエピソードが満載です。

 

前回記事でも触れてますが「感覚過敏」があり

息子は水が苦手です。

濡れたらすぐ服を脱ぐ。みたいな時期もありました。

 

色々な時期があって

療育に通っている時もプールに入るけど、入ったら全部脱ぐ!(それってお風呂やん・・・)ときもあれば、年長の時は幼稚園ではプール入っていましたが療育では

「オレ絶対プール入らない!」と断言して全く入りませんでした。

年長の夏は、頑なに「オレ入らへんから!」と主張していました。

 

だから就学後も夏の体育の授業をとても心配していましたが

何故か、あっさりとプールの授業は受けてます。

「オレ楽しい」とか言ってます。

ホントかな?と疑いの目も持っていますが、夏休みに入ると授業外で

「めだか学校」みたいな小学校のプール開放があります。

何故かこれには、「オレ行かへん!」と言ってます。

出た!また「プール拒否病」。

学校のプール開放は拒否していますが、昨年の夏、初めて遊びで遊園地とかのプールに行きたいと言い出しました。

そして息子と二人で近くのプールに色々出かけました。

7歳にしてプールデビュー。

水着姿の息子を見て私は「息子とプールに出かける日が来るとは思わなんだ」と感慨深く感じました。

 

今年もまたプールには行きたいと言っています。

もちろん学校のプール開放は拒否していますが。

でも、それは年長の時と同じで「授業だから頑張る」息子の訴えなのかな?と思います。

息子は泳げません。

でも水遊びは楽しめるようになりました。

凄い進歩だと思います。

 

療育の先生が言われていたことを思い出します。

公園で遊んだり、水遊びをしたりというのは子供の時にしかできない遊び。

そんな遊びをいっぱい子供のうちにすることが大切。

 

私もそう思います。

今しかできないこと。

泳ぐ練習は、本人に気持ちが芽生えればやればよいけれど、水遊びを楽しむのは

今しかできません。

息子の今しかない時間に寄り添うことが私の役目だと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村