自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

感覚過敏のエピソード1

発達障害の子供さんの場合、何らかの感覚過敏を持っておられることがあると思います。

例えば、初めての場所が苦手だったり。

例えば、音に敏感だったり。

例えば、味覚に敏感で偏食だったり。

人それぞれかな?と思います。

 

息子も感覚的な過敏があり、一時期、着る服に凄いこだわりがありました。

特に年少の途中から年長くらいまでが、大変でした。

「同じ服ばかり着る」

「衣替えの時期に長袖から半袖に移行できない」

 

今でこそ笑い話ですが、それはもう洗濯に困る日々でした。

一番ひどい時で、三日くらい着たままでしたので、幼稚園の先生と協力して服をはぎ取り無理やり着替えさせたこともあります。泣き続けた息子を先生やお友達がなだめてくれました。

同じ服着ててても良いから、洗濯だけはさせて・・・。そんな日々でした。

こちらができる工夫としては「同じ服を3枚くらい買ってローテーションする」ことぐらいでした。

 

それから春から夏にかけて、また秋から冬にかけて

衣替えが大変でした。

暑いのに長袖やパーカーを脱がない、寒いのに上着を着てくれない

そんなことはザラでした。

本人も暑いしイライラするわ、寒いのに上着着ないから震えているわ、

「暑かったら脱いだらええねん!寒かったら着たらええねん!」当たり前のことが

彼にとっては出来ないことでした。

 

服のエピソードは面白い話がまだまだあります。

後々ご紹介していきます。

 

今現在はどうなっているかというと、こだわりは随分マシになりました。

厳密にいえば、本人的には感覚過敏はずっと持っているのだと思います。

ただ成長につれて「仕方ない」とか「こんなもの」という折り合いが付けられるように

なっただけなのだと思います。

 

毎日暑いですが、息子は長ズボンを履いています。

半ズボンは履かない主義のようです。

でも、良いこともあるんです。

息子はずっと長ズボンなので、転んでも擦り傷になりにくいんです。

ここはポイント高いなと思う今日この頃です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村