自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

カミングアウトの仕方

子供さんに何らかの障害がある場合、周囲にどう伝えるか悩むことはありませんか?

 

例えば家族に。

例えば先生に。

例えば子供のお友達の保護者の方に。

 

幾つも場面があり、色々なケースがあります。

 

私もとても悩みました。

今も、ベストな伝え方というのは正直なところ分かりません。

 

説明し過ぎても先入観で見られるかもしれないし、

黙っていても噂されるかもしれないし。

また気付いて貰えなくて子供が困ってしまうことがあるかもしれないし。

 

現在、私の場合はケースバイケース。

 

息子は現在小学2年生。

とりあえず普通学級に在籍しています。

 

学校と担任の先生には色々書類を渡したり連絡帳を書いたりして頑張って伝えてます。

 

クラス懇談会等の場面ではスルーしています。

 

それで、小学校に入って初めて話したのは集団登校で一緒の親御さんとお話しした時。

これも1年目は何も伝えず、2年生になって初めて伝えました。

 

その後、保護者の方々で運営されている「絵本読み聞かせ会」に参加した時に

人数も8人くらいの自己紹介の場面で何となく「言ってもみようかな?」というインスピレーションで言ってみました。

 

また昨日、小学校で初めて仲良くなったお友達のお母さんと会う機会があり

サラッと話してみました。

 

反応はそれぞれですが。

まずまずでした。

 

言うべきか言わざるべきか悩む時もありますが、

周囲へは「何となく」伝わるのが一番良いかな?思う今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村