自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

迷った時は即決をしない

 

今日は

私自身が今も大事にしている言葉を紹介します。

 

これもまた10年ほど前にお世話になった臨床心理士の先生から教えてもらった

言葉です。

 

迷ったら即決はしないでください。

色々と考え、一生懸命、悩んでください。

これ!と決める答えと、悩んだ末に出す答えが例え同じであっても

悩む過程があるか否かで、後々の自分自身の納得が違ってきます。

 

そんな風にアドバイスを頂いたことがあります。

 

当時、自分の気分の浮き沈みもあり色々なことが自分自身で

決めていくことができませんでした。

 

「問題を持ち続ける」というのはとてもエレルギーが要ることです。

物事が決まらない、あやふやな時間というのはとてもしんどいものです。

 

正直何度も「誰か、これが正しいという選択を教えて欲しい」と思ったことがあります。

判断に迷った時、人に相談することは大切です。

でも色々な人の意見を聞いて決めるのは自分自身でなくてはならないと私は思っています。

 

今も日々、小さな選択や大きな選択で迷うことは沢山あります。

もう、問題をもっているのが、しんどくて手放したくなるときはあります。

 

それでも、精一杯頑張って即決しないようにしてます。

せめて数日頭の中でぼんやりと考え続けます。

 

ふと「答え」が何となく浮かんだりしてきたら決めています。

 

私自身にまつわることもそうですが

息子についても、同じように決めてきました。

 

強いて言うならば、息子の場合は

徐々に息子と二人で相談しながら、一緒に迷いながら選択していきたいと思っています。

 

でも、いつかは息子が一人で決めていかなければならない日も来るのだと思うと

(口出ししたらウルサイと言われるかもしれません)

寂しい気持ちもあります。

 

今から子離れが難しそうだなと自覚しています。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村