自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

人は一生涯、発達していくもの

「人は一生涯、発達してくもの」

 

息子の療育でお世話になった先生が自分の好きな言葉として言われていたことで

私も折に触れて思い出している言葉です。

 

自閉症スペクトラム、広汎性発達障害のお子さんを育てられている方は

多くの場合「発達指数」「生活年齢」「発達年齢」

そんな「発達」という言葉に敏感になっておられる方も多いと思います。

 

私も、勿論同じです。数値ってやっぱり気になります。

 

でも自分自身を振り返ってもそうですし、息子を見ていても、数字で表せないような成長って色々な時に感じます。

この言葉を教えてくださった療育の先生は「人は生きている限り発達していくもの」と

捉え(年配の先生でしたが)、「私も子供たちに負けず発達してきます!」

と仰っておられました。

とてもステキなベテランの先生でした。

 

時折思い出して、私自身も「私も息子に負けず日々成長していくぞ!」と思うようにしています。

ともすれば、お菓子を食べたりなんかして、体重は成長していってしまいますが(笑)

そうではなくて!

自分自身の中身も磨きたいと思ってます。