自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

印象的な言葉

罪悪感と距離を持つ 

「罪悪感と距離を持つ」 何のこと?と思われるかもしれません。 これはかつて私が罪悪感に苛まれていた時に臨床心理士の先生から教えて頂いた言葉です。 精神的にうつ状態にあると、「罪悪感」湧き上がってきます。 私は元々自己肯定感が低かったのだと思い…

迷った時は即決をしない

今日は 私自身が今も大事にしている言葉を紹介します。 これもまた10年ほど前にお世話になった臨床心理士の先生から教えてもらった 言葉です。 迷ったら即決はしないでください。 色々と考え、一生懸命、悩んでください。 これ!と決める答えと、悩んだ末に…

何か悲惨かなんて分からないよ

昨日は療育でお世話になった先生の言葉を紹介しましたが、 「何か悲惨かなんて分からないよ」 というのは、私が今から10年ほど前からお世話になっている精神科医の先生が 診察の中でふと言われて言葉です。 多分当時の私は、できない自分を責めているような…

人は一生涯、発達していくもの

「人は一生涯、発達してくもの」 息子の療育でお世話になった先生が自分の好きな言葉として言われていたことで 私も折に触れて思い出している言葉です。 自閉症スペクトラム、広汎性発達障害のお子さんを育てられている方は 多くの場合「発達指数」「生活年…