自閉症スペクトラムの息子と私の日々

自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。

息子との会話2

「何を聞かれているかが明確でないと分からない」息子のエピソードです。

 

  先月、児童相談所で手当等申請のために受診しました。

  担当医の先生には久々にお会いしました。

  先生から「学校はどうですか? 何年生?」という問いかけのやり取りの後で、

  「先生の名前は?」と質問されました。

  息子は「忘れた」と答えました。

 

私は経験上で何となく分かったのですが、息子は学校の先生の名前と思わずに、目の前の担当医の先生の名前を聞かれたのだと勘違いしてました。  

 

もちろん、担当医の先生も分かっておられたので、「学校の担任の先生の名前は?」と聞き直してくださると「あぁ、分かる、分かる。」当たり前やん~みたいな調子で担任の先生の名前を得意げにフルネームで答えていました。

 

ちょっとしたことですが、日常にあるズレを象徴的に表した出来事でした。

理解できないのではなくて、認識のずれがあり「何を聞かれているか」が明確になると

的を得た答えを答えられます。

(小さい頃は一方的なままのことも多かったのですが、今は噛み合うと的を得た答えが出来るようになりました)

 

このエピソードには続きがありまして、担任の先生とお話しする機会があった際に「こんなことがあった」ということを伝えました。最初、担当の先生は「え?名前覚えてもらってないの?」と一瞬思われたようでしたが(笑)、きちんと内容を伝えると「成程」と言って授業の一場面で息子に指示した場面を思い出しながら「あーもっと具体的に伝えてあげたほうが良いんですね。少し分かりにくい場面もあったかも・・・」というお話をしてくださり、伝えて良かったなと思いました。

 

色々分かって貰えないとか何となく過ごしてしまっていることも頑張って伝えたらそれなりに伝わっていったりもします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

息子との会話1

今更なのですが、やっぱり息子と言葉でコミュニケーションするのは独特なのだなと思います。

ふと3歳くらいの子供さんに、聞いたことにそのまま返事が返ってくる様を見かけると私にとっては驚愕です。

言葉は拙くても、うん、いや違うという応答だけにしろ「やりとり」が成立してるんですよね。すごくシンプルに。

つい息子を基準に考えると「簡単には伝わらない」ことが当たり前になり、逆に「簡単に伝わる」と驚きます。

 

成長した息子は語彙力も増えました。ややこしいことも言います。

でも基本会話全体が謎めいてます。(笑)

もう慣れ過ぎて最近は私も自分で何言ってるか分からなくなってくることがあります。

まぁ私も上手に会話できるほうではないので、息子のことは言えないなとか、そっちに思考が走って行ってます。

 

そんな訳で、最近、息子とのやり取りで気になることを記録していこうかなと思います。

 

息子に「今日、放課後ディで〇〇くんは居たの?何して遊んだん?」

とこんな風に話しかけてみます。

大概はまず「へ?何て?何て言うたん?」と聞き返されます。

「だからね」と再度繰り返します。

ここで返事が返ってくるときもありますし、逆に全然違う話が返ってくる時もあります。

「学校はいつから始まるの?」「金曜日の次の土曜日は休み?」

おーい。

そっち行くのかい!戻ってこーい。(-_-;)と思う時もあります。

 

余り長い文章で話すともう混乱されますので、できるだけ短く伝えたり、一つ一つ伝えたりします。

正直、 聞き取るのも大変です。

 

これはずっと続くのかな?と不安に思うこともありますが、言葉の数が増えたからこそ行き違いも増えたと考えるとやはり成長なのかな?と結論付けています。

 

でも好きなアニメやゲームの話や食べ物の話だと普通に言葉のキャッチボールが出来たりするので「結局何なんだ?」という気分にもなります。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

プチ反抗期な息子

夏休みもあと少し。

2年生になり、あっという間でしたが色んなことがありました。夏休み前から「?」と感じていたのですが、最近息子がまたややこしいことになっております。

 

プチ反抗期?

何次反抗期か分かりませんが、私の注意することや、家族の言うことを素直に聞けない。ちょっとでも途中で口を挟まれると怒るし、自分の意図することが直ぐに伝わらないとまた怒る。

だってかなり無茶ぶりですよ。

息子:「た」って言うたら分かるやろ?

私:「え?なにそれ」

息子:「なんで分からへんねん!俺が『た』言うたら卵かけごはんや!」

分からへんわ!毎日卵かけご飯食べるのは分かってるけど「た」で分かるかい!

そんなに略することに何の意味があるねん!と。(-_-;)

 

こちらもその都度仕方ないので、息子に指摘せざるを得ないのですがね。

 

まぁ、良いことなのですが。言い訳したり、泣いたり、機嫌がもとに戻らなかったり。

これまでも色々ややこしい時期はあったので。

着替えができない。ちょっとでも濡れたらダメ。言葉が追い付かないので手が出たり。

(私は一時期顔をよく引掻かれましたが)

幾つもの波があって成長していくのだとは分かっているのですが、疲れるなとも思ったり。

そんな時に療育の先生が言われていたことを思い出します。

自分の意思をしっかり表示することはとても大切。「嫌!」を言えることは大事なこと。家で出せている姿は、身近なお友達や安心できる小さな集団や先生の前では出せるようになる。そこで出せている姿はやがて大きい集団の中でも出せていくようになる。

 

感情的にはイラっとしますが、家にいる時は息子に自我を出来るだけ出してほしいと思っています。線引きは難しいですが「自我を出す」と「ワガママ」はまた別だと思います。

それに、一般的な大人は気付いてますが、大人になったら我慢ばかりですし、人に合わせなければならないことだって沢山あります。

甘いかもしれませんが、せめて今だけは・・・好きなだけグダグダ言っても良いよと息子には思ってしまいます。

その瞬間は正直、腹立ちますけど。(笑)

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

生真面目な息子

先日息子と映画を観に行きました。

 

仕事を半日で切り上げ、お昼からの上映に何とか間に合いました。

 

お腹もすいてたので、コンビニでおにぎりを買って入ろうと言うと

「あかん。持ち込んで食べないでくださいと言うてはる。見てるやろ?始まる前に流れるやつ(上映中のマナーを放送しているやつのことです)」

「映画館のとこに売ってる食べ物は良いんや。だからあそこで買おう。」

えー。悪い大人の私は内心「ええやん。おにぎりくらい。だって館内で買うたら高いやん」って思いました。

でもルールを守ろうとしている息子は正しいので、「そやな。分かったわ」

と言って彼の言う通りにしました。

融通ということも覚えていかなければなりませんが、彼に教えられることも多いです。

 

一時期、道路を歩いていて「白線の中に入らなあかんやろ」と注意されたりもしました。うっかり赤信号で小さい横断歩道でも渡ろうものなら「何でやねん。赤やで。見てないんか!」と怒られました。

 

なかなか、ルールに厳しい息子です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

TO DO LISTと息子

息子が小学生になってから少しずつ工夫していることもあります。

 

幼稚園の時は、担任の先生や補助の先生が付いて本人の抜けてるところを補ってくださってましたが、小学校に入ると中々それはできません。

勿論「自分でやる」のは大切なことなので、手取り足取りでなくて良いのですが。

 

恐らくですが、息子自身、集中していても言葉で聞くだけでは、記憶から抜けていったり沢山のことを一度に言われると混乱するようです。

まぁ、突き詰めれば誰だってそうですけどね。

 

それで、今試しているのが、沢山提出物があるときやイレギュラーなことがある日は連絡帳に「To do list」を作って貼り付けてます。

やることリストです。

〇先生に連絡帳を見せる

  これ、よく忘れよるんですよね。何のための連絡帳やねんと何度も呟きました。

  正に童謡のヤギさん郵便状態です。

〇お友達に聞くこと(待ち合わせ時間とか)

 

そんなことです。

効果がある時と、ない時色々ですが、多少なりとも抜けが減ります。

 

小学生になって文字がしっかり読めるようになったので、文字で伝えるというツールがひとつ増えたのは良かったことです。

 

お子さんによって合う合わないがあるかもしれませんが。

同じように困っておられる方がおられましたら一度お試しください。

 

というか、誰か私にも毎日To do list作って欲しいと思う今日この頃。

まぁ手帳にメモしても見るのを忘れるとかあるんですけどね・・・。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

療育の先生に会えなかった・・・

先日、療育の先生に久々に息子と会うべく出かけました。

 

shinpeix.hatenablog.com

 台風の影響もあり、昼過ぎから突然雨が降ったりして天候が不安定でした。

そして夕方、イベントの時間になると凄い夕立になりました。

屋外イベント(小さいお祭りみたいなものです)にも関わらず

私と息子の頭の中に「中止」という言葉は思い浮かばず、お友達との約束もありましたので、ただただ現地へ向かいました。雨が強かったので比較的近くなんですが、わざわざバスで行きました。

すると、まさかの中止。

もう撤収作業が始まっており、先生方とは結局お会いできませんでした。

 

息子も「お友達は絶対来るから!」と信じて疑わず。

まぁ結局お友達のおうちにお邪魔することになり、楽しい夕食の時間を過ごさせて頂き結果オーライでしたが。

 

昔はこういった予定の変更後は気持ちが切り替えられなかったりしたのですが、息子は意外とあっさりしていました。

撤収作業の中、お友達の名前を呼んで多少不安そうにしてましたが「今、電話してお母さんと相談するから、じっとしておいて」と言うとすぐに納得してくれました。

小さいことですが色々な経験を積み重ねていくことで不意のことにも対応できるようになったなと、また一つ良い経験をさせてもらいました。

 

次の日も、通っている小学校の夏祭りがありましたが、まだ台風の影響で夕立ち。

すると息子から「中止かもしれんで」と。

息子の中で「中止になるかもしれない」という概念が・・・誕生!

 

こうやって様々な経験を繰り返し、その時々の思いや状況を言葉に置き換えて、重ね合わせ積み重ねていくことで言葉は発達していくのだなと改めて感じた出来事になりました。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

療育の先生と久しぶりに

本当に暑いです。

夏休みはしんどいです。

先日仕事で郵便局へ行って手続きを待っていると、となりの窓口に親子連れがおられました。

娘さんが多分小学校4年生くらいでしょうか。

お母さんのほうが「あーもう、夏休みいらんわ!」と郵便局のお姉さんに愚痴っておられました。

うーん。確かに。暑いし、そんな気持ちにもなるな・・と思いました。

 

記事もあれも書きたい、これも書きたいと思いながら

暑さにもやられ、進みません・・。

今日、療育の先生方が小さな盆踊りのイベントで夜店を出店されているので、

これからお友達と行く予定をしています。

まだ誰にもブログの話をしていないので、こんなの書いてると伝えてみようかな?と思っています。

 

色々なことがありますが、息子のおかげで沢山の方々に出会えたことは貴重な財産です。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村